| お問い合わせ | ご利用にあたって | 

ホームへ

 


 本阿弥書店月刊誌 「俳壇」 より

本阿弥書店



滑稽俳壇  2022年8号  八木健 選

四月号から「微苦笑俳壇」は、「滑稽俳壇」に名称が変わっています。
◆滑稽俳壇は今号より二十一年目に入りました!

●特選


 ライバルの香水匂ふ社長室 /柏原才子


  仕事のできる人は鋭い感覚をもっている。
  自分より明らかに格下の相手は気にならないが、
  自分の立場を脅かしかねない実力者のことは鋭敏に嗅ぎ分ける。
  ということは相手もまたしかり。香水は毎日変えましょう。






 子だくさんいい仕事する夏燕 /平井静江


  「いい仕事してますねえ」は、テレビ番組「なんでも鑑定団」の
  中島誠之助さんの決め台詞。巣の造りといい、
  子育ての熱心さといい、申し分のない両親ですなあ。
  おや、人間はゴミ屋敷に育児放棄とは情けない。






 だんご屋に元祖と本家風薫る / 石川 昇


  元祖は創始者のこと、本家は血筋の正統性を主張するわけだが、
  売上の差で骨肉の争いなんてこともある。
  しかし、この句は「風薫る」だから仲良く繁盛しているらしい。
  「青嵐」や「五月闇」だと心配になるね。






 ●秀逸

父の日の黒幕は母電話鳴る

弟のいちいちついてくる暑さ

地球との反りの合はざり半仙戯

サングラス外しタモリが地層見る

新緑といふに授業か学生は

ストレスを脱ぎ棄てに行く夕端居

風鈴の音色も替わる二枚舌

緑蔭といふ大部屋に四肢伸ばす    

村越 縁

小林英昭

柳 紅生

村上小一郎

志村宗明

久松久子

髙田敏男

稲葉純子            


 ●佳作

どん底の底に底なき暑さかな

孑孑やスイッチバックのこの憂き世

野ねずみに先住権や避暑の家

目算の外れなりけり余り苗

子ども皆大どもとなり子どもの日

顔利きの一つのアイテムサングラス

四人とは多過ぎないか梅雨の傘

また今日も釣れない話鰯雲

老人が裸見せ合ふジムの風呂

母親がマスクを取れば泣く子かな      

椋本望生

北川 新

山本 賜

平野暢行

松永朔風

壽命秀次

松村正之

永井貴士

森 一平

阪根瞳水     


【筆まかせ】八木健(滑稽俳句協会会長)近詠

なぜ丸いそれが不思議の石鹸玉
群れることなき初蝶の自尊心
あたふたとして春昼を台無しに
蛻(もぬけ)の軽さ手のひらの花屑に
酸つぱいの顔して夏蜜柑褒める
       

筍は旬のものだとわかりすぎ
好物を問はば風よと五月鯉
二次元となり引退の鯉幟
もつたいないと丹念に粽解く
麦秋の景の三百六十度     

ゆびさきに命の温もり袋角
食通をむせさせてゐる麦こがし
カレンダをめくれば夏がめくるめく
孤独にもなれ水槽の金魚くん
サングラスひとつをさがす四苦八苦