| お問い合わせ | ご利用にあたって | 

ホームへ

 


 本阿弥書店月刊誌 「俳壇」 より

本阿弥書店



滑稽俳壇  2021年2号  八木健 選

四月号から「微苦笑俳壇」は、「滑稽俳壇」に名称が変わっています。

●特選


 初空に見えないけれど宇宙ごみ /田端敏弘


  見えるものを写生するのが
  子規さん以来の俳句の伝統である。
  しかし、この句はそれに逆らって見えないものを描き、
  滑稽を生み出した。私も見えないものを詠もう。
  「月の裏あまたのあばた隠れてる」。






 AIにや詠めぬ鶏頭の十四五本 /田上勝清


  AIがもてはやされる世の中に物申すというわけである。
  「鶏頭の十四五本もありぬべし」は、AIには絶対に詠めない。
  この子規の句は名句と言えるかどうか論争もあったが、
  令和の時代になって再評価されるね。






 GoToをちゃっかり利用神の旅 / 荒井 類


  オリンピック組織委員会が
  GoTo トラベルを利用してたしなめられましたね。
  事業の本来の目的と違う使い方ではないかと言うことでしたが、
  神様も便乗していたとは庶民的でええなあ。






 ●秀逸

大マスク余白に美人らしき顔

耐震性ばつぐん蓑虫のワンルーム

初夢にあの世の母と糸電話

善玉も悪玉もみな大マスク

年送るアクリル板の隙間より

千歳飴ぐらいじや今の子は釣れぬ

存分に酸素を食べる日向ぼこ

騙(だま)す意図なくてうつ伏せ虚栗 

稲葉純子

川口八重子

古川勝行

柳 紅生

椋本望生

小田龍聖

志村宗明

馬場菊子


 ●佳作

濡れ落葉切手剥がしの要領で

何をしに来たのか自問年の暮

描くなら餅より葉っぱあの壁に

ラグビーのマウスガードのごと入れ歯

どの柚子も不器量ばかり柚子の風呂

国産のマスクは何処で買えるのか

木の葉髪あるだけましと頭なで

一様に赤い羽根つけ閣議かな

白鳥はカメラ目線でポーズして

一茶忌や雀なかなか見つからず

忽那耕三

岩見陸二

小田和子

宇井偉郎

平井静江

小田虎賢

西尾泰一

石川 昇

久松久子

宮田久常


【筆まかせ】八木健(滑稽俳句協会会長)近詠

セータ着てなにか足りない首まはり
やはらかやお国言葉も里芋も
西高東低冬将軍の作戦図
寒さうな光を灯し裸電球
闇汁の疑心暗鬼を楽しめる

おひらきは鰭酒に眼が座る頃
雑炊が好きでお鍋の底覗く
眼鏡はずして風呂吹を食ふ一(いち)家族 冬夕焼濃すぎてなにか起きさうな
死んだふりするのが上手枯木たち

湯婆(ゆたんぽ)の温みを知らず核家族
自らの色を呟き吾亦紅
すぐに倒れる根性のないブーツ
埋火をつついて恋の句をひねる
野望などなくて懐炉の胸熱し