| お問い合わせ | ご利用にあたって | 

ホームへ

 


 本阿弥書店月刊誌 「俳壇」 より

本阿弥書店



滑稽俳壇  2023年1号  八木健 選

四月号から「微苦笑俳壇」は、「滑稽俳壇」に名称が変わっています。
◆滑稽俳壇は今号より二十一年目に入りました!

●特選


 渾身の亡びの色や冬紅葉 /柏原才子


  冬紅葉を「綺麗だね」なんて褒めるだけでは滑稽俳人としての資質に欠ける。凝視して「亡びの色」と気づくだけでは初級。これ以上濃い色にはなれない「渾身の色」と紅葉になりきれる感性は、最上級の滑稽俳人。





 補聴器の耳へ秋声限りなし /曽根新五郎


  補聴器を使った人なら誰でも体験する、不愉快な不協和音がある。その音なのか、「秋声」なのか。耳だけで聞けば雑音だが、心で聴けば秋の声である。秋の声を聴いてみたければ、俳人、詩人になることである。





 毒きのこ見目麗しく美味さうな / 森 一平


  そもそもあらゆる生物の毒は、獲物を捕食するためと自身を防衛するためという目的がある。どちらも種の保存にとって必要なことだが、美しさでひきつけて食べさせておいて攻撃するとは、なんとなく人間臭い。





 ●秀逸

スナックで社長と呼ばれ年忘
大学と名付け高値のさつまいも
七五三見えない神に頭垂れ
藪枯らし吾に足らぬはど根性
担当は下足の係文化祭
蟋蟀こおろぎのまだ鳴き足らぬ夜明かな
甘さうな名前で良く売れさくらんぼ
たまご酒好きで将来酒豪かも

柳 紅生
北川 新
米田正弘
川口八重子
石川 昇
柳村光寛
築史善正
髙田敏男


 ●佳作

筆談の文字を直され文化の日
そうなのか夜食の所為か体脂肪
わが影もよろけてゐたり暮の秋
ファスナーにジャージ噛む癖そぞろ寒
重季語か「加湿器据うる冬支度」
道をしへ何処へ行くかを聞きもせで
文化の日勲章もらう日のことよ
冬の真夜こむら返りの足さすり
渡り鳥ギターを持つてゐるだけか
炭鉱のカナリヤに勤労感謝の日

村越 縁
小田龍聖
松村正之
寺津豪佐
板坂壽一
馬場菊子
白井道義
久松久子
川添弘幸
大渕久幸


【筆まかせ】八木健(滑稽俳句協会会長)近詠

自然薯や育つ苦労と掘る苦労
新そばの文字筆勢にでて走る
機械化で句に詠みづらい蓮根掘
吹き方で寒さを誇張虎落笛
回しつつ抜くベテランの大根引
       

秋暁の耳さまざまの音を聴く
秋夕焼明日の天気に太鼓判
辛いのは青より赤い唐辛子
百号の絵に後ずさり美術展
作者不詳の現代アートや花八手

草虱今朝の散歩のお土産は
昔は枝を折つたのだらう紅葉狩
ポケットに見られたくない荒れてる手
聴力の健在秋の蚊に気づく
座布団を抱へ行き先は村芝居