| お問い合わせ | ご利用にあたって | 

ホームへ

 


             
2022年1月の滑稽句
*今月の特選句・秀逸句以外の佳句を青字で表示しています。

夕黄葉奥の奥には鬼女住むらし 相原共良
大皿に秋をいつぱい盛り付けむ 相原共良
着地する五線譜探してる楓 相原共良
成人式今日から大人酒煙草 青木輝子
変換キー押してスタート初詣 青木輝子
コロナ禍にパニクッている福達磨 青木輝子
避寒といふはいち早く寝入ること 赤瀬川至安
かつ丼をひつそりと待つ木の葉髪 赤瀬川至安
コロ助めショールに穴を空けにけり 赤瀬川至安
小春日の婆の誤解や御(お)ミクロン 荒井 類
風に吹かれて熱燗ぐいとボブ・ディラン 荒井 類
枯蓮や蓮根蓮田は駅の名に 荒井 類
冬三日月何処へ行ったか見失ふ 井口夏子
親方が現場で燃やす焚火かな 井口夏子
めでたさや四世同道の七五三 池田亮二
日向ぼこ何故かとなりはごみ置場 池田亮二
冬は嫌いなれど限定チョコは好き 石塚柚彩
一箱の卵が景品忘年会 石塚柚彩
自家用にひと束残しハウス葱 石塚柚彩
掛乞にすぐに払ふと誤魔化して 伊藤浩睦
好きなものなき掛乞は手強くて 伊藤浩睦
ハワイまで追ふ掛乞は大赤字 伊藤浩睦
星流る叶はぬ夢のあるばかり 稲沢進一
初雪や人が通り過ぐれば道 稲沢進一
初日の出過去も未来もなくて今日 稲沢進一
三寒四温に昨日は厚着今日薄着 稲葉純子
凩は風のちんぴらヒューヒューと 稲葉純子
陽だまりの電飾サンタ眠さうな 井野ひろみ
通院す肩背な腰に懐炉貼り 井野ひろみ
再考し遺書書き直す十二月 井野ひろみ
コート脱ぎうつらうつらの暖房バス 上山美穂
鳥インフルが朝礼の主旨水鳥は 上山美穂
七五三のかんざしゆれる日和かな 梅野光子
子を負うた母の背中が日向ぼこ 梅野光子
ジャンボ機に大きな夢乗せ初飛行 梅野光子
受験児よフジサンロクニオームナク 遠藤真太郎
初日の出朝風呂入り肩軽し 遠藤真太郎
アイシャドウ借りて髭書く新年会 遠藤真太郎
予約する列に並ぶや重ね着て 大林和代
冬青空下界はごちやごちやしたままで 大林和代
術後の目気遣いながらの大嚔 大林和代
干柿を待つてましたとギャング鳥 小笠原満喜恵
眼裏にのこる月食の赤い月 小笠原満喜恵
ボージョレにほの紅くなりお母さん 小笠原満喜恵
人住まぬ旧家を守る山茶花よ 岡田廣江
凩の葉つぱ烏が追ひかける 岡田廣江
口あけて福を吸ひ込む初雀 岡田廣江
針供養豆腐蒟蒻堅忍不抜   北熊紀生
親馬鹿で足りず奴隷や年果つる 北熊紀生
天高し「毒だ毒だ」とケーキ見る 久我正明
奥さんもバンダナを巻き稲の秋 久我正明
秋刀魚下げ秋刀魚顔なら女将さん 久我正明
力石三つ重ねて山眠る 工藤泰子
根深汁関西風にやんはりと 工藤泰子
節の無き一本葱の小口切 工藤泰子
冬木立空掃く箒のかたちして 桑田愛子
夜汽車ゆく私を乗せて雪の中 桑田愛子
葉牡丹の花壇ただいま満席に 小林英昭
手袋の遺失たいてい片一方 小林英昭
小春日の猫に貸しけり膝枕 壽命秀次
諍ひて妻は干布団ぶつ叩く 壽命秀次
古の如し胡桃を石で割り 壽命秀次
子守唄代りの祝詞七五三 白井道義
のめり込む足ふん張つて大根引く 白井道義
体育の苦手な少女落葉踏む 白井道義
息白く兄追いかける通学路 鈴鹿洋子
掛大根ラインダンスのくたびれて 鈴鹿洋子
種いっぱい抱えて鶏頭鉢を割る 鈴木和枝
今朝も畑へ足が向く自粛癖 鈴木和枝
つかまり立ち隣家の木犀捜してる 鈴木和枝
神無月御神酒の匂ふ巫女にあい 髙田敏男
抜け穴や猫は胴長去年今年 髙田敏男
飲兵衛や御神酒梯子で早三日 髙田敏男
ギリシア文字少し学びし年の暮 高橋きのこ
暖房を入れて冬の蚊目覚ましむ 高橋きのこ
介護度の上がり喜ぶ木の葉髪 高橋きのこ
独居翁古女(ごまめ)の歯ぎしり轟かせて 竹下和宏
皺不義理ふゆるばかりや去年今年 竹下和宏
木枯や金の無心をするやうに 田中 勇
小春日や無い物ねだりはせぬように 田中 勇
タクシーに変身小春の軽トラは 田中早苗
尽き果てし婆のへそくり七五三 田中早苗
うはばみが新走にもそつぽむき 田中早苗
紅葉や木々は化粧がお上手で 田中晴美
加齢の肌はかさかさ乾燥冬の音 田中晴美
林檎食ふ老齢の歯に戦はせ 田中晴美
実千両盗み喰ひたる鳥の影  田中やすあき
叩かれてはつと目覚める干蒲団  田中やすあき
今月も赤字に終はる冬夕焼  田中やすあき
あらいやだマスクをしてもブスはブス 谷本 宴
冬の蝿いやに呑気に行き過ぎる 谷本 宴
オレンジの毛糸の帽子の跡つける 谷本 宴
枯蟷螂針金細工のごと不動 田村米生
会議終へ仮面を外すおでん鍋 田村米生
要望に添へぬサンタの予算かな 月城花風
嚔して周りから人居なくなり 月城花風
雑炊や腹八分目を守られず 月城花風
縄跳びの縄回されて目をまわす 土屋泰山
むささびをよく見て見ればゲゲゲのゲ 土屋泰山
紅葉狩なにがとれると子に聞かれ 坪田節子
音楽隊の優しい音色に銀杏舞ふ 坪田節子
クリスマス賑わせたくて飾りつけ 坪田節子
湧水のタンクに溢れ眠る山 長井知則
新蕎麦や腹をなでつつ爪楊枝 長井知則
冬の蜂職場写真の友は逝き 長井知則
冬帽子マスクとセットで目出し帽 花岡直樹
着ぶくれにビール腹隠しもう一杯 花岡直樹
豆叩き三尺跳ねるものもあり 浜田イツミ
老人が支へる村や注連作り 浜田イツミ
「親ガチャ」の意味を検索着ぶくれて 浜田イツミ
公園は都市を型抜きして小春 東 麗子
冷え性の昂じてつひに雪女郎 東 麗子
ティンパニは闘ふ楽器十二月 東 麗子
タクシーに襟巻忘れ齢のせい 久松久子
東屋の火鉢灰のみ火伏神 久松久子
欠けのある皿にパンのせ今朝の冬 日根野聖子
冬耕や畑に腹式呼吸させ 日根野聖子
どうしても気になる水鳥の脚の冷え 日根野聖子
 空っ風懐いつも空つ穴(けつ) 細川岩男
 寒暁や血圧計が悲鳴上げ 細川岩男
公約はたぶん赤色選挙の秋 南とんぼ
解禁の秋に久闊みっつほど 南とんぼ
値上げの秋海へ戻れや鰯雲 南とんぼ
繭玉の小判の縺れ解けぬまま 峰崎成規
堕落すら出来ぬ齢や年新た 峰崎成規
ウインクの仕方忘るる黒マスク 椋本望生
内股に歩くにはとり居て小春 椋本望生
ラグビーのゴールはH投げキッス 椋本望生
芋を掘る絵本の「おおきなかぶ」のごと 向田将央
押し競饅頭押されて泣くな昼の月 向田将央
オリオンの下で素振りの手に豆が 向田将央
小春日や逢ひたき人は人の妻 村松道夫
言ふまいぞ冬瓜野郎乙な味 村松道夫
大粒の援軍として霰玉 森岡香代子
とつくりのセーター首を絞める気か 森岡香代子
ビタミンDを無料で入手日向ぼこ 八木 健
白鳥よ鳥に貴族のあるとせば 八木 健
アルキメデスの原理で初湯溢れさす 八木 健
毛糸編む私は恋の修行僧 八塚一靑
火傷して味の分からぬ蕎麦湯かな 八塚一靑
一人きり鮟鱇鍋は四名から 八塚一靑
閻魔帳代はりの日記始めかな 柳 紅生
擦り剝けば母の白息湿布薬 柳 紅生
遺伝子を組み換へ稚児の毛糸編む 柳 紅生
お散歩の犬に放尿され鶏頭 柳澤京子
熱々の巨大秋刀魚を大皿に 柳澤京子
句を詠めず加齢を歎く秋の暮 柳澤京子
新米は冷えてもうまいコシヒカリ 柳村光寛
飾り塩焦がす技あり紅葉鯛 柳村光寛
初霰火がごちそうと母は言う 柳村光寛
シアワセは炬燵と蜜柑とシャーベット 山岡純子
コロナ禍をあれこれ語る炬燵かな 山岡純子
漱石忌猫は炬燵で丸くニャり 山岡純子
試験前スケートに行き滑り留め 山下正純
季語にせむマスクに冬の字をつけて 山下正純
カレンダー冬に向いて瘦せてゆく 山下正純
換気扇掃除に最適なのよ小春日は 山田真佐子
つぎつぎとリストラされて落葉かな 山田真佐子
鎌倉も忘れてをりぬ七五三 山本 賜
名をのこし花壇に消えただるま菊 山本 賜
線香のかをり変へての師走かな 横山洋子
ズーズーズー音出し比べとろろ汁 横山洋子
至福時ゆずと遊びつ冬至風呂 横山洋子
欲かかず枯葉のごとく齢をとる 吉川正紀子
蓮根田変身をして枯蓮田 吉川正紀子
赤貧は父をも凌ぐ年の暮 吉原瑞雲
一瞥にマスク忘れの愚を悟る 吉原瑞雲
考査前毛糸編む子をよしとする 渡部美香
ベビーカーのひとつは小犬日向ぼこ 渡部美香
園バスは定刻発車寒の町 渡部美香
帰り花皺が再会ためらわせ 和田のり子
着ぶくれやボタンが一つ弾け飛ぶ 和田のり子
五つ六つ入れて炊きたる零余子飯 和田のり子