| お問い合わせ | ご利用にあたって | 

ホームへ

 


             
2021年6月の滑稽句
*今月の特選句・秀逸句以外の佳句を青字で表示しています。

風の丸木橋を渡る跣(はだし)かな 相原共良
薫風や軽々のぼる竹梯子 相原共良
この味は母の草餅無二無双 相原共良
しみとしわ加齢で仕切る竹の子医者 青木輝子
羽抜鳥ステイホーム居場所ない 青木輝子
松山英樹佐保姫を振り払ふ 赤瀬川至安
蛇穴を出られず糖分は控へ目に 赤瀬川至安
エジプトの像の寝てゐる春治療 赤瀬川至安
新入生の制服一寸(ちよつと)ぶかぶかで 荒井 類
スエズ運河の大混雑や春日差 荒井 類
コロナ禍や死者には花見許さるる 荒井 類
五月雨のトタン屋根のコンチェルト 井口夏子
蜘蛛の囲に絡めばすがる命あり 井口夏子
洗濯が終わればかぶる夏帽子 井口夏子
葉桜や使いこなせぬiPad 池田 慈
リハビリはショパンのワルツ風薫る 池田 慈
都市伝説信じたくなる五月尽 池田 慈
外は春太平の世の座敷牢 池田亮二
仲良きは背中合わせの春の宴 池田亮二
春愁やこの発熱は恋患い 池田亮二
水苔に微睡む顔の青蛙 石塚柚彩
燕とのバトル糞害に憤慨し 石塚柚彩
葉は水木不思議と花は山法師 石塚柚彩
地下鉄を濡らして過ぎる春の雨 伊藤浩睦
初花を待てずこっそりコップ酒 伊藤浩睦
スーパーの花見弁当それなりに 伊藤浩睦
これと云ふ話もなくてラムネ飲む 稲沢進一
後悔は先に立たずや柿渋し 稲沢進一
風に乗せられ有頂天の鯉幟 稲葉純子
鯉幟風を呑みすぎメタボかな 稲葉純子
気のせいか小さくなりし柏餅 井野ひろみ
住職はTシャツ姿苔の花 井野ひろみ
カリパリモグパク蓑虫のやうに巣ごもりす 上山美穂
ぞうさんの耳のリボンはモンシロチョウ 上山美穂
青嵐ひとのみカバの大口は 上山美穂
巣づくりのための板です燕さん 梅野光子
麦畑を真っすぐ上がり揚雲雀 梅野光子
まだ暗いうちから騒ぎ恋の猫 梅野光子
ベランダの無き学校に風薫る 遠藤真太郎
モスクは動寺は静にて黒揚羽 遠藤真太郎
ピチカートリズムで泳ぐ目高かな 遠藤真太郎
予約して座ってみたき芝桜 大林和代
ベビーカー丸のみしたる大つつじ 大林和代
ゴールデンウイークママちゃり勢揃ひ 大林和代
薫風にのって登らむエベレスト 小笠原満喜恵
ベランダの子雀キョロキョロこんにちは 小笠原満喜恵
新緑に心身浄化されてゐる 小笠原満喜恵
池の鯉いかなる旅をして此処に 岡田廣江
殻を残して引越したのか蝸牛 岡田廣江
嫉妬心隠せず紫陽花の花の色 岡田廣江
再増員所せましと武者人形 加藤潤子
カーネーションか?姉さん手製カーネーション 加藤潤子
蚊と蝿の入り涼風求めたに 北熊紀生
涼風や独り飯喰ふ妻の留守 北熊紀生
マスターズ一位の松山風光る 金城正則
松山へライフワークのお遍路に 金城正則
冒険王買うてくる父こどもの日 久我正明
ゴールデンウイーク水不足のダム 久我正明
巣ごもりや人にも及ぶ変異株 工藤泰子
ワクチンの接種券来てオキザリス 工藤泰子
ででむしの角をふりふり不両舌 工藤泰子
足先をくすぐり返す春の波 桑田愛子
声だけの親しき友よ木下闇 桑田愛子
藤の花散るほたりほたりの音立てて 桑田愛子
まくなぎの大歓迎にあふ駅頭 小林英昭
ぺらぺらとしやべる金魚は置いとけぬ 小林英昭
太郎次郎参郎続く鯉のぼり 壽命秀次
武者人形に監視されたる爺の酒 壽命秀次
春風の散歩のみやげの犬のふん 壽命秀次
道草の余生たっぷり春眠す 白井道義
トンネルの入口出口山笑ふ 白井道義
黙食にマスク会食四月馬鹿 白井道義
多国籍野菜も買って夏料理 鈴鹿洋子
無人市の箱に百円春キャベツ 鈴鹿洋子
葱坊主だから言える自粛せい 鈴木和枝
葱坊主ウンもスンもなく爆ぜていた 鈴木和枝
直ぐに伸ぶことしか知らぬ若竹よ 高岡昌司
てっぺんに花お日様好きの山法師 高岡昌司
これはこれはこれは長寿の胡蝶蘭 高岡昌司
五つ星蝿には勝てぬレストラン 髙田敏男
出開帳観音様も出前かな 髙田敏男
口紅になれると知らぬ紅の花 竹下和宏
家籠りや衣桁で拗ねる白絣 竹下和宏
ご隠居はゴルフ三昧麦の秋 龍田珠美
葉桜やタイヤ擦り切れ三輪車 龍田珠美
夏近し濡れせんべいの濡れ具合 龍田珠美
天女から施術されたる春の夢 田中 勇
ひやとひや懐かしい草餅を買ふ 田中 勇
草餅を食へば田舎の恋しかりけり 田中 勇
大刀自(おおとじ)に長州の血よ夏蜜柑 田中早苗
ほととぎす五七五で鳴いたかに 田中早苗
春眠の夢食ひ獏の腹太る 田中早苗
初恋はほろ苦き飴春霞 谷本 宴
春眠やチュシャ猫もまだ寝ておりぬ 谷本 宴
蟻の世もヒエラルキーか風光る 谷本 宴
夕立は雨のドラマートタン打つ 田村米生
贋作の掛け軸ながめ冷し酒 田村米生
コロナ禍や国の賑給(しんきゅう)早く欲し 田村米生
風そよぎ「売地」を占拠の春の草 月城花風
日を浴びつ黒きシンクロ蝌蚪と影 月城花風
コロナ禍の卯波のお化け怖がらせ 土屋泰山
八十八夜眠れぬ夜のラジオと尿瓶 土屋泰山
金なくばカーネーションの絵を贈ろ 土屋泰山
ヴェランダにゴーヤ一鉢春惜しむ 飛田正勝
番付は豪華絢爛五月場所 飛田正勝
井戸端の肴にされる桜鯛 飛田正勝
コロナ禍や暦通りの夏が立ち 長井知則
澄み渡る亡父(ちち)の草笛甦り 長井知則
更衣穴あき下着は車拭き 長井知則
まん防は利かん坊かと四月馬鹿 西をさむ
行く春をステイホームで見送れり 西をさむ
早過ぎる蚊が物語る温暖化 花岡直樹
ビール腹の見立てに抗議鯉幟 花岡直樹
コロナ菌祓ふがごとく鯉幟 久松久子
蜘蛛の網張って交通取り締まり 久松久子
早々と茶店を閉めて閑古鳥 久松久子
何もかも不要不急の春愁(はるうれい) 日根野聖子
コロナの世怒る色して春夕焼 日根野聖子
ひこばえは産毛でありぬ大樹には 日根野聖子
ほらほらとちらほらを指す花見かな   藤森荘吉
つまらない散歩道行く春楽し   藤森荘吉
花見へと急がば回れいや走れ  藤森荘吉
旅に出た積もりのひと日春うらら 細川岩男
花時や隣の庭が目の保養 細川岩男
腹いっぱい新緑吸うてより吐息 細川岩男
コロナ禍に賑わう春の接骨院 南とんぼ
おそらくはすべてオスです初鰹 南とんぼ
風通しきわめてよろし鯉のぼり 南とんぼ
エンジン音この逞しき田植唄 峰崎成規
果つるまでうつつを回すしやぼん玉 峰崎成規
杭は打つ木魚は叩く蠅は飼ふ 椋本望生
心電図薄暑の胸に吸ひつきぬ 椋本望生
職を去りすつかり忘れ更衣 椋本望生
花疲れ今年もなしかそれもよし 向田将央
真っすぐ伸びる俺の中にも松の芯 向田将央
毛虫出づことのみ記し日記閉づ 百千草
埒もなく夢想にふける夕薄暑 百千草
斑猫につき従ふて異界まで 百千草
雨あめあがれとずぶ濡れの麦秋は 森岡香代子
雨粒が重くて薔薇の肩が凝る 森岡香代子
夏の季語のトップバッター草むしり 八木 健
入の字が尻切れのまま鳥雲に 八木 健
伽羅蕗を褒めてはすすり吟醸酒 八木 健
本当の愛ある人を毛虫知る 八塚一靑
空豆に空のことなら聞けばよい 八塚一靑
蟷螂の子にも伝家の宝刀を 八塚一靑
隈取りのやうな泥顔代田く 柳 紅生
蝸牛武器にはならぬ角を振り 柳 紅生
血を分けし蚊に極楽行き願ふなり 柳 紅生
古株は消され末黒の薄かな 柳村光寛
アルパカの毛刈りを更衣と呼ぶ 柳村光寛
黙食は滅入らざらめや心太 柳村光寛
寒暖のシーソーゲームや夏近し 山岡純子
ラジオからあの頃の曲レモン水 山岡純子
くんくんと嗅ぎつつつくる夏香水 山岡純子
風上に物申したる鯉幟 山下正純
逆風を頼みとするなり鯉幟 山下正純
矢車の威勢を借りし幟かな 山下正純
百千鳥めいてとりどり東京五輪 山田真佐子
その昔遊び転げたげんげ田よ 山田真佐子
少しずれ入学の日の子のマスク 山本 賜
物置の奥の隅から金魚鉢 山本 賜
でも聞けばハンコは要らぬ御中元 山本 賜
デジタル化できぬアナログ蚊帳の外 横山洋子
玉ねぎやとろーり甘く鍋の中 横山洋子
詰め放題新茶のすぐに売り切れて 横山洋子
ひと雨にせり出す若葉また若葉 吉川正紀子
野に山にしとしとしとと緑雨かな 吉川正紀子
羽抜鶏せっぱつまりて死んだふり 吉原瑞雲
金輪際ねずみを追はぬ猫の恋 吉原瑞雲
水口に三枝の礼や耕転機 吉原瑞雲
大あくび遠足の子ら去りし山 渡部美香
花蜜柑鯛めし香らせ風早は 渡部美香
炙られて命の成就ほたる烏賊 和田のり子
里の道人待ち顔の落椿 和田のり子
宴会はせめて桜の絵の中で 和田のり子