| お問い合わせ | ご利用にあたって | 

ホームへ

 


             
2020年9月の滑稽句
*今月の特選句・秀逸句以外の佳句を青字で表示しています。

夏痩に一番善事の鰹かな 相原共良
嬰抱く人犬を抱く人片かげり 相原共良
蟻の列はずれて歩むへそ曲がり 青木輝子
控えをれカルガモ親子のお通りじゃ 青木輝子
羽抜鶏古妻元気で留守がいい 青木輝子
浮いてこいベートーヴェンの転居先 赤瀬川至安
寺の百日紅住職の口も滑る 赤瀬川至安
体調の悪したこ焼のあと昼寝 赤瀬川至安
鉄線花マスクはもはや季語ならず 荒井 類
夏の月BGMは日野てる子 荒井 類
休肝日明けてビールの一気飲み 井口夏子
爆音のバイクに苛つく熱帯夜 井口夏子
鳥獣楽園人間来ぬ間の夏の山 池田亮二
終活講座幽霊になる法教えます 池田亮二
おっとっとギリギリかわす蜘蛛の糸 石塚柚彩
叱られて蟻好きの孫蟻を踏む 石塚柚彩
つくずくとつくつく法師の一生かな 泉 宗鶴
秋立つや腹立つことの多き世か 泉 宗鶴
蜜と密虫は甘きに山は夏 泉 宗鶴
土用干砥ぐか捨てるか赤いわし 伊藤浩睦
土用干隅に置かれて偽系図 伊藤浩睦
鳳仙花いつか弾けることあれど 稲沢進一
朝顔や明日の色を予約して 稲沢進一
秋の蝶風のうわさにあるけれど 稲沢進一
芳しき青紫蘇の香が鼻を刺す 稲葉純子
カレンダの土用の丑のうなぎのう 稲葉純子
静かさや爺と孫らは昼寝して 井野ひろみ
ねこじゃらしモデルハウスの庭に生ふ 井野ひろみ
太陽の甘さをギュッとミニトマト 上山美穂
トゲトゲがやはりシャキシャキキュウリ 上山美穂
とろとろにほっぺもとろけアイスクリーム 上山美穂
黒とんぼ貴婦人のごと羽根ひろげ 梅野光子
じじばばのラジオ体操夏の朝 梅野光子
切り子のグラスにちよつと照れてゐる麦茶 梅野光子
バーナーで毛虫焼きしやランチ時 遠藤真太郎
真黄色に燃えるトマトよそれはそれ 遠藤真太郎
夏痩せは腸の間取りの悪さかも 遠藤真太郎
蝉の声今年の宿はこの木です 大林和代
こするごと消毒の手の暑さかな 大林和代
一日を睨みつけたる日光黄菅(きすげ) 大林和代
浴衣着て踊りの師匠シャナリシャナリ 小笠原満喜恵
焼きナスの大好物なる夫おもふ 小笠原満喜恵
天の川憎む再会ならずして 岡田廣江
羽根からひげまで左右対称天牛(カミキリムシ) 岡田廣江
秋の暮河口に鯉の横たはり 岡田廣江
十万の風に吹かれて風見鶏 金城正則
アベノマスク使われぬまま夏果てる 金城正則
下灘駅線路のそばに夏の海 金城正則
空蝉が何か鳴いたと思わぬか 久我正明
三密の茶髪金髪ミルクセーキ 久我正明
落し文暗い秘密があるやうな 久我正明
みんみんのシャワーをあびて蘇生する 工藤泰子
あめんぼの飛び六方の舞台かな 工藤泰子
今朝からは空蝉としてここにあり 桑田愛子
へへへへの形は鴎夏の海 桑田愛子
田水張り飛行機雲を補足せり 小林英昭
帰省子の質問攻めにあふ夕餉 小林英昭
箱庭をにらむ刑事の第一感 小林英昭
夏マスク中はいつしか口呼吸 佐野萬里子
羅の羽織笑顔の新棋聖 佐野萬里子
コロナ禍を拡散GOTOキャンペーン 佐野萬里子
冬の季語マスクでうろちょろ梅雨明ける 壽命秀次
エコバック替わりの鍋で豆腐屋へ 壽命秀次
西瓜抱き牛歩の様にレジへ行く 壽命秀次
神官の祝詞あっさり海開き 白井道義
ハイタッチ抱いてハグして西瓜買ふ 白井道義
騒がしきこの世は知らずつばめの子 白井道義
アマビエの肩の荷重し夏祓 鈴鹿洋子
盆僧の袂パタパタミニバイク 鈴鹿洋子
どこかで返事 呼んでみただけ 鈴木和枝
たまの雨は恵と言うマスク作り 鈴木和枝
枝柱に頼らない向日葵発見 鈴木和枝
算盤を今でもはじき生身魂 髙田敏男
はたた神停電させて光りけり 髙田敏男
同人誌類似俳句や走馬燈 髙田敏男
消毒は身の内よりと缶ビール 高橋きのこ
地球からの脱出も視野に窓の秋 高橋きのこ
蚊対策我にも一枚防護服 高橋きのこ
浮世とは面白きとこ秋刀魚の値 竹下和宏
颱風の出生率がうらやまし 竹下和宏
みんみんの啼くたび憶ふリンカーン 竹下和宏
キリン舎をへくそかずらの伸び切つて 龍田珠美
コロナ禍の先祖も自粛盂蘭盆会 龍田珠美
ナナハンを洗ふ駐車場の大夕焼 龍田珠美
空想が舞ひ降りるなり扇風機 田中 勇
選ばれし者の恍惚蓮の花 田中 勇
心身の至福の時の涼しさよ 田中 勇
ゴキブリは天国行きよ婆の腕 田中早苗
高級魚の仲間入りせし秋刀魚かな 田中早苗
梅雨明の朝からとんぼすういすい  田中晴美
ちちははか墓石に寄り添ふ青蛙 田中晴美
痩せた脚によつきり夏のパンツから 田中晴美
少年の首筋涼しブラピかな 谷本 宴
炎天下コロナウイルス消滅せよ 谷本 宴
くま柄のバックにすいかの翁かな 谷本 宴
ナイターの猫語ニャイター猫も観る 田村米生
毛虫とてベンチ這ふのは命懸け 田村米生
蓴菜や密接せずに密集し 月城花風
社会的距離に靴脱ぎハンモック 月城花風
はばかりを抜ける涼風鼻つまみ 土屋泰山
房総の枇杷びた一文負けない 土屋泰山
孫に云ふ大角豆(ささげ)は小豆のお姉さん 長井知則
掌で踊つて見せよ鳳仙花 長井知則
裏木戸を開けて母待つ盂蘭盆会 西をさむ
初恋のもしやあの娘が盆の道 西をさむ
思春期に戻って触れたい鳳仙花 花岡直樹
今コロナ遠きは昭和の終戦日 花岡直樹
ビアガーデン間隔空けて盛り下がる 花岡直樹
扇風機持ち歩く世となりぬ 久松久子
雷鳴に念仏称へ鍼治療 久松久子
逃げ上手な百足の足に縺れなし 久松久子
少年の夏知りつくすカブトムシ 日根野聖子
遠き日のアルバムのごと古浴衣 日根野聖子
朝顔はこの世を信じきつて咲く 日根野聖子
背を伸ばし二本の胡瓜の丈くらべ 廣田弘子
コロナ禍に夏痩せならぬ夏太り 廣田弘子
プチトマト長雨に青ざめてゐる 廣田弘子
梅雨最中老化の薬はマイペース 藤森荘吉
梅雨最中パジャマのズボン護謨ゆるむ 藤森荘吉
野の花と仲が良すぎる天道虫 藤森荘吉
かちわりの甲子園ああ夢と消え 細川岩男
ウィズコロナ大ジョッキーで生ビール 細川岩男
風鈴やコロナコロナと鳴き響く 細川岩男
おそろしき世を生きていてところてん 南とんぼ
「出口」光る店舗を探す夏の旅 南とんぼ
風通し良過ぎて不許可レースのマスク 南とんぼ
乙姫の卓袱台返し土用波 峰崎成規
鰻重を待つ間の至福酒一合 峰崎成規
四肢で入る障子の桟に操られ 椋本望生
波平もワカメもフネも秋の空 椋本望生
浮くか沈むか考へる大西瓜 椋本望生
赤か黄かどの色にせむかき氷 向田将央
川泳ぎ背なに子を載せ竜の父 向田将央
突然のあんパンチ効く夏休み 向田将央
失笑す声を力に羽抜鶏 村松道夫
隠さずに蛍合戦闇てらす 村松道夫
空蝉をもっとくれよとせがむ孫 村松道夫
ここはまずほどほどにして昼寝かな 村山好昭
何をして今日の暑さをやり過ごす 村山好昭
買ふものをひとつ忘れて茗荷汁 村山好昭
盆櫓マイクの要らぬ喉仏 百千草
彼の世から戻りし眼昼寝覚 百千草
疑ひの眼泳がせ夏マスク 百千草
蝉時雨記憶の中に子らの声 森岡香代子
あさがおに耳をあてれば水の音 森岡香代子
大花火進化の腕の見せ所 森岡香代子
乗りてすぐ降りる心配ハンモック 八木 健
大の字になつて退屈夏座敷 八木 健
背越てふ言葉を覚え船料理 八木 健
ポテサラにいつもの顔で胡瓜いる 八塚一靑
カラフルなカレー立派な夏料理 八塚一靑
秋あかね天秤秤狂はせて 柳 紅生
大花火写楽顔して喝采す 柳 紅生
視力低下に手元のものも見えぬ初夏 柳澤京子
初夏や優しき友のにぎり寿し 柳澤京子
カラオケに飛び入り参加の夏の夕 柳澤京子
盆までが寺の経費の納入日 柳村光寛
夏の蚊は無住寺に住み水を飲む 柳村光寛
止り木を追われ夏夜の影となる 柳村光寛
空蝉のごとアマゾンのパッキング 山内 更
「配給は砂糖ばっかり」夏の空 山内 更
無花果に野鳥屯す空家あり 山内 更
風に乗り風の道ゆくうすばかげろふ 山岡純子
蝉時雨異空間への扉かな 山岡純子
夕曇りかわほりたちの時間かな 山岡純子
草壁の刈られてなおや凪の道 山下正純
真夏日や恋しき北欧の銀世界 山下正純
穂の長けて耳に教わる風の道 山下正純
梅雨明の悲鳴野菜の高騰に 山田真佐子
忍び寄る玄関までも大西日 山田真佐子
天界の光のオブジェよ大花火 山田真佐子
半額をよろこべば鮓の手土産 山本 賜
小耳に挟んだ枝豆の納豆 山本 賜
紫陽花にピンクのぼかし雨上り 山本 賜
野良着でいっぷくさるすべりはピンク 横山洋子
蝉しぐれみんな無口になりにけり 横山洋子
朝食のとろみとろとろモロヘイヤ 横山洋子
梅雨の傘タクシー車庫に逆さ吊り 吉川正紀子
消防車大夕焼に歯が立たず 吉川正紀子
一粒が万のよろこび早稲の飯 吉原瑞雲
田を刈つて親爺おらほのコメ自慢 吉原瑞雲
もの書くも誉められもせで暮の秋 吉原瑞雲
早よ起きろ起きろと迫る蝉時雨 渡部美香
照焼にふはふは顔の夜の秋 渡部美香
朝顔にのぞかれてゐる四畳半 渡部美香
幽霊や寝起きのお岩ふうらふら 和田のり子
捌く手に鰯が残す骨の音 和田のり子