2016/6/23更新 | ご利用にあたって |
お問い合わせはこちら 会員専用ポスト


   




   
 

「滑稽俳句集」出版のお知らせ
滑稽俳句集

「俳壇」の滑稽句欄が一冊に! 
平成14年7月号から平成27年
3月号までの全3213句を収録。
初版 全308頁

定価3,000円(税・送料別)

*本の問合せ・注文先
えひめ工芸
〒791-2103 愛媛県伊予郡砥部町高尾田1173-4

電話090−8287−1390
FAX 089‐957‐1155

 「俳壇」で連載中の滑稽俳句欄、八木健選による「微苦笑俳壇」の13年間の全作品、3213句が一冊になりました。
「俳句」とは、「滑稽な句」を意味します。俳句の本質は滑稽です。
 明治34年に佐藤紅碌が編んだ滑稽俳句集以来、本格的な滑稽俳句集は、115年ぶりとなります。
  俳句に失われた滑稽を取り戻し、「平成の滑稽」として後世に引き継ぐ歴史的な句集です。

「八木健の川柳アート」第31回愛媛出版文化賞・奨励賞受賞
愛媛新聞の月刊誌「アクリート」で 
大人気の川柳欄の作品、約1000点が、
一冊の本になりました!

定価2500円(税・送料別)

*本の受注・発送
   090-5140-8826(滑稽俳句協会)
   090-8287-1390(えひめ工芸)
 愛媛新聞の月刊誌・「アクリート」で、2005年6月号から「川柳アート」の投稿欄
が始まりました。川柳に滑稽を取り戻すこと。アートをつけて分かりやすくすること。
時事川柳の普及を目指すこと。この三点を目論んでの連載でした。
 この度、第1回から第110回までの10年間に亘り連載された「八木健の川柳アー
ト」の作品およそ1000点をもとに、内容を加筆、追加して一冊の本をつくりました。
 建前に穴をあけて本音を引っ張り出すのが川柳。「穿ち」は川柳の命です。ところ
が、平成の現代、川柳には「穿ち」や質の高い「笑い」が少なくなっています。この
本に掲載されている、穿ちと笑いのある川柳アートとコメントをお楽しみください。

第八回 滑稽俳句大賞 審査結果発表 
  
第八回滑稽俳句大賞の大賞は、久我正明氏に決定致しました。
◆ 大賞 久我正明
デコポンに勝ったと思ふ柚子の顔
ペンギンは「ふ」の字のかたち日脚伸ぶ
お疲れのご様子ですね枝垂桜
紙風船さてはギョーザを食べただろ
よたよたと腰痛の蟻パン運ぶ
赤富士の大崩落やかき氷
空蝉や縄文顔をしてをりぬ
キク科なる雑草繁る文化の日
着膨れてペンギンとなる修道女
太古より海鼠は海のなまけもの




第三回滑稽俳句協会報年間大賞決定!
 
千葉県 菅野あたる
 

「霜柱地価十億を持ち上げる」

兵庫県 金澤 健
 

「ふぐ料理毒よりこはき時価の文字」

愛媛県 伊藤洋二
 

「初メロンかも知れぬこの不在票」


  
 

  

 今月の八木健選 特選句

古々米に飽きて穀象這ひ出せり
飯塚ひろし
 「古々米に飽きて」は科学的な根拠が乏しいが、作者自身が穀象だとすれば納得。擬人化は対象になり切る、または対象に自己投影すること。
 
矢車や濁音増えし風の音
奥脇弘久
 矢車が風音を濁らせたとする詩の心がよろしいですね。選者も挑戦。「澄む空を尾で混ぜ返す五月鯉」 「風飲むに飽くことはなし鯉のぼり」。
 
ファスナーに三度も噛まれ四月尽
原田 曄
 癖の悪いファスナーは、誰かと同じで責任を転嫁するから宥めて褒めて使うこと。盗作します。「ファスナーに噛みつく癖や四月尽」。
 
一番と二番を混ぜて春の風
森岡香代子
 愉快なことですね。もう少し観察して、「一番を追越し春の二番かな」「追越され二番となりし春疾風」「混ぜ返し御免と詫びる選者哉」。
 
お辞儀する工事看板春疾風
田村米生
 ヘルメットを被ったオジサンが頭下げてる絵の看板は、日本の工事現場の原風景じゃな。わびさびの風景と言える。「春雨にさびたる詫びの立看板」。
 
お別れを何度言うたか古茶を汲む
柳 紅生
 ゆったりとした時間の流れに古き佳き日本があります。お腹が、たぶたぶになりますね。その結果として、「古茶を汲む合間合間の御手洗ひ」。




 今月の秀逸句  七七をつけてみました

 買ひ取りが増えるぞ取るな潮干狩  伊藤浩睦
   ・・・取っても海に戻せばよろし?
 
 つちふるや国に夜逃げのあったらば 金澤 健
   ・・・黄砂難民行き場はあらず?
 
 子と孫をコインでつなぐこどもの日 飛田正勝
   ・・・今度来るときゃ生前贈与
 
 思い切り殴ればよかつた四月馬鹿 井口夏子
   ・・・殴れぬこその腐れ縁とも?
 
 言はれればさうかと啜る新茶かな 加川すすむ
   ・・・そんな奴には古茶でかまわん?
 
 胴回りきつくなりたる更衣 有冨洋二
   ・・・心配なのは血糖値です
 
 太るのは夜半よ独活(うど)も人もまた 山本 賜
   ・・・独活に肥料を夜やつちや駄目?
 
 春旅の妻子見送り緩む箍(たが) 壽命秀次
   ・・・予定変更戻り慌てる
 
 浦島草さては私を釣るつもり 西をさむ
   ・・・乙姫さまに逢えるチャンスか
 
 地ビールの泡に咲きたる地元色 花岡直樹
   ・・・泡は吹くもの咲くもんじゃない
 
 蟻の列連休あけて動き出す 津田このみ
   ・・・良く見りや人の顔をした蟻?
 
 お手すれば犬に咬まれる四月馬鹿 久我正明
   ・・・甘咬み知らぬお馬鹿な犬ね?
 
 まあこれが新社員かや半年後 田中早苗
   ・・・泣き落したりため口きいたり

ページの先頭へ