2024/1/20更新 | ご利用にあたって |
   

143回 俳句遊遊

133回 川柳天国


   
俳句遊遊 バックナンバーはこちら 川柳天国 バックナンバーはこちら
 



第十六回滑稽俳句大賞 作品募集!

第十五回滑稽俳句大賞作品はこちら   
 

第十一回滑稽俳句協会報年間大賞決定!
 
天 賞 工藤泰子(岡山県)
「なかほどにお詰め下さい鰯雲」
地 賞 上山美穂(愛媛県)
  「電柱も棒立ちとなり冬の朝」
人 賞 森岡香代子(愛媛県)
 

「ほんとうはみんなかなづち鯉幟」


詳細はこちら   
 

今月の特選句

残り物集めて担ぐ福袋

山下正純

福袋大好きという方にはちょっと失礼な俳句だが、福袋は中 身が見えないから運試しとなる。売り手には「売れ残り物の処 分のチャンスかな」。

お飾の角度の調整エンドレス

千守英徳

上手く止まったと思って少し離れてから振り向くと、微妙な傾き が気になる。近づいて直す。その繰り返し。お隣の玄関のお 飾りも直したいなあ。

いつぽんづつ広げて指の日向ぼこ

岡田廣江

日頃、一番使っているのは頭ではなく指かもしれない。大事に して時々は労ってやらないと。お疲れ様ですねえ。ありがとう ね。たまにはのんびりね。

海霧や誰が引きしか国境

北熊紀生

国境は大事だが争いになるなら、あえて曖昧にして仲良くやっ ていけないものだろうか。煙や霧のようにゆるくつながってい る方がいいのではないか。

生ハムの薄さ際立つ冬ざれて

田中やすあき

薄い方が美味しいものの一つが生ハムだろうね。しかし、寒い 時期に見ると何となく寒々しい。その点、豚の角煮は厚みと脂 身が温かそうに見える。

「アレ」ってあれのことかな日向ぼこ

井野ひろみ

日向ぼこの風景を描写して、これまでにない作品となった。 「あれ」だけで通じる人間関係がいい。日常生活に、こういう余 白の時間が大事だねえ。


 今月の秀逸句  七七をつけてみました

 
  縄とびや次々入り去つて行く 鈴鹿洋子
    ・・・お金と財布の関係のごと
 
  松過ぎとなればたちまち工事音 井口夏子
    ・・・まづ音で知る社会の動き
 
  吊し柿揺れたいように揺れればいい 鈴木和枝
    ・・・風鈴蓑虫さもありぬべし
 
  初御空生かされてゐるありがたさ 田中 勇
    ・・・平和平穏平凡がいい
 
  煤払い国宝の門こそばかす 髙須賀渓山
    ・・・門の急所をこちよこちよしたな
 
  立冬の波間に溺る夕日かな 壽命秀次
    ・・・溺れたとても明日には蘇生
 
  先ず蒸らす珈琲奉行の初仕事 久我正明
    ・・・指示の出るまで控へおります
 
  ババ抜きや顔にすぐ出る初笑ひ 小笠原満喜恵
    ・・・正直者はすぐに見抜かれ
 
  どつしりの体重をのせ餅を切る 加藤潤子
    ・・・この日のために体重増やし
 
  藁仕事小判のやうな草履かな 髙田敏男
    ・・・草履のやうな小判が欲しい
 
  大量の裏金のごと落葉掃く 瀬川至安
    ・・・お札だつたら億万長者よ
 
  螺旋状に話の回る晦日蕎麦 伊藤浩睦
    ・・・蕎麦も話も長々続き
 
  去年今年結んで開いておめでとう 川正紀子
    ・・・兎が龍に変身をして


ページの先頭へ