2016/7/23更新 | ご利用にあたって |
お問い合わせはこちら 会員専用ポスト


   




   
 

「滑稽俳句集」出版のお知らせ
滑稽俳句集

「俳壇」の滑稽句欄が一冊に! 
平成14年7月号から平成27年
3月号までの全3213句を収録。
初版 全308頁

定価3,000円(税・送料別)

*本の問合せ・注文先
えひめ工芸
〒791-2103 愛媛県伊予郡砥部町高尾田1173-4

電話090−8287−1390
FAX 089‐957‐1155

 「俳壇」で連載中の滑稽俳句欄、八木健選による「微苦笑俳壇」の13年間の全作品、3213句が一冊になりました。
「俳句」とは、「滑稽な句」を意味します。俳句の本質は滑稽です。
 明治34年に佐藤紅碌が編んだ滑稽俳句集以来、本格的な滑稽俳句集は、115年ぶりとなります。
  俳句に失われた滑稽を取り戻し、「平成の滑稽」として後世に引き継ぐ歴史的な句集です。

「八木健の川柳アート」第31回愛媛出版文化賞・奨励賞受賞
愛媛新聞の月刊誌「アクリート」で 
大人気の川柳欄の作品、約1000点が、
一冊の本になりました!

定価2500円(税・送料別)

*本の受注・発送
   090-5140-8826(滑稽俳句協会)
   090-8287-1390(えひめ工芸)
 愛媛新聞の月刊誌・「アクリート」で、2005年6月号から「川柳アート」の投稿欄
が始まりました。川柳に滑稽を取り戻すこと。アートをつけて分かりやすくすること。
時事川柳の普及を目指すこと。この三点を目論んでの連載でした。
 この度、第1回から第110回までの10年間に亘り連載された「八木健の川柳アー
ト」の作品およそ1000点をもとに、内容を加筆、追加して一冊の本をつくりました。
 建前に穴をあけて本音を引っ張り出すのが川柳。「穿ち」は川柳の命です。ところ
が、平成の現代、川柳には「穿ち」や質の高い「笑い」が少なくなっています。この
本に掲載されている、穿ちと笑いのある川柳アートとコメントをお楽しみください。

第八回 滑稽俳句大賞 審査結果発表 
  
第八回滑稽俳句大賞の大賞は、久我正明氏に決定致しました。
◆ 大賞 久我正明
デコポンに勝ったと思ふ柚子の顔
ペンギンは「ふ」の字のかたち日脚伸ぶ
お疲れのご様子ですね枝垂桜
紙風船さてはギョーザを食べただろ
よたよたと腰痛の蟻パン運ぶ
赤富士の大崩落やかき氷
空蝉や縄文顔をしてをりぬ
キク科なる雑草繁る文化の日
着膨れてペンギンとなる修道女
太古より海鼠は海のなまけもの




第三回滑稽俳句協会報年間大賞決定!
 
千葉県 菅野あたる
 

「霜柱地価十億を持ち上げる」

兵庫県 金澤 健
 

「ふぐ料理毒よりこはき時価の文字」

愛媛県 伊藤洋二
 

「初メロンかも知れぬこの不在票」


  
 

  

 今月の八木健選 特選句

どの寺も紫陽花咲けば名所なり
津田このみ
 あじさい寺増えましたね。どこもかしこも紫陽花寺で、最後に残った寺が希少価値で「紫陽花無い寺」として多くの客を集めることになるでしょう。
 
地球の味知りつくしたりなめくじり
稲葉純子
 擬人化のお手本のような句です。なめくじりを褒めているように見えますが、なめくじの哀しさも伝わってきます。滑稽の何処かに悲しみ。
 
気象庁の気分次第で梅雨に入る
小川飩太
 データを並べ立てても最終的には人間の判断。「そろそろ田植だね。田には水が必要だ。梅雨入り宣言しましょう」「有難うございます」。
 
甚平に馴れて失せたる怒り肩
越前春生
 甚平はわが国のもっとも特徴的な制服である。ただし、肥満体には似合わぬ。着こなしも夏痩せをしてこそである。大方はなで肩になる。
 
日焼して裏も表もない御方 
小林英昭
 ゴルフ焼けでしょうか。「社長様こちらをご覧下さいませ」「見てるよ」「あら、お洋服を後ろ前に着ているのかと思いましたの」「失礼なヤツだ」。
 
棒の緑蔭ばかり警邏して
久松久子
 今年の夏は暑い。お巡りさんご苦労さまです。緑蔭は犯罪の温床ですからなあ。どうしても念入りになる。「警棒の緑蔭を出で秋めくと」。




 今月の秀逸句  七七をつけてみました

 殻ばかり酒宴の締めの蜆汁  ひがし愛
   ・・・メニューに記載蜆の殻汁
 
 夏燕立入禁止も意のままに 奥脇弘久
   ・・・愛されてをり許されてをり
 
 青葉してわたしふらつくお濠ばた 山本 賜
   ・・・名句を詠んでもう泳げない
 
 時の日やたつぷりあるさロスタイム 加川すすむ
   ・・・毎日が日曜日だからさ
 
 予報士は庭にも居りぬ雨蛙 飯塚ひろし
   ・・・予報士よりは腕は確かさ
 
 初鰹値を釣り上げて温暖化 田中早苗
   ・・・眼が吊りあがりオーバーヒート
 
 かすみ草引き立て役に徹しをり 川島智子
   ・・・私みたいと言ひたいんでしょ
 
 電気釜背負って帰る蝸牛 久我正明
   ・・・一戸建てなり電化も叶ひ
 
 季語ふたつ掛け合わせ生る夏蜜柑 伊藤洋二
   ・・・季節異なる春の季語なり
 
 天井を鼠走るか黴の宿 赤瀬川至安
   ・・・夫婦喧嘩の舞台ととのふ
 
 気象士やゆっくり進む走り梅雨 燗c敏男
   ・・・追ひ越すわけにゃイカンでしょうが
 
 ダービーの騎手は御者とは言わぬもの 高橋きのこ
   ・・・2DKでも奥さまがゐる
 
 喉にゐる仏のせがむ生ビール 田村米生
   ・・・擬人化をして責任転嫁

ページの先頭へ