2019/3/4更新 | ご利用にあたって |
お問い合わせはこちら 会員専用ポスト


   

83回 八木健のCATV俳句

75回 川柳天国


   
 



第十一回 滑稽俳句大賞 募集要項 
◆応募方法/ 作品は、十句一組で審査します。何組でも応募可。
  メールか封書でご応募ください。
  作品十句、氏名(ふりがな)、〒、住所、電話番号、年齢を明記。
  封書の場合、A4サイズの紙を使用。横使い縦書き。
◆ 賞 / 大賞:五万円。次点:一万円。
*未発表の作品に限ります。
◆募集期間 / 平成30年11月1日~平成31年1月31日 消印有効
◆投句料/ 一組、二千円。 郵便振込 01600-3-130892 滑稽俳句協会
◆発  表 / 4月下旬、入賞者および会報、ホームページ
◆応募先 / 〒791-2103  愛媛県伊予郡砥部町高尾田1173-4   
  滑稽俳句協会 大賞募集係
  メールアドレス  kokkei@kokkeihaikukyoukai.net
  * 応募作品の著作権は主催者に帰属。
◆審査員/ 秋尾敏、池田澄子、上谷昌憲、河村正浩、小西昭夫、、
  小町圭、蟇目良雨、冨士眞奈美、八木健

今月の特選句

回つてる時が幸せ独楽だもの

八塚一靑

独楽は回るために生まれてきた。回っていない時は死んでいるも同然。回る独楽の気持ちを「幸せ」と代弁した俳人、詩人はこれまで誰もおらんね。

豆を撒く妻に本気の眼あり

小川飩太

鬼豆を打つ妻の眼がいつになく真剣。それこそ鬼気迫るものがある。妻が討とうとしている鬼とは、実在の人間か世の中の不条理か。深い句だな。

何がめでたい九割廃棄の恵方巻

田中早苗

国連の報告によると、世界では八億二千百万人、九人に一人が飢えに苦しんでいる。恵方巻をおよそ十億三千万円も廃棄処分にした国、日本。

あちこちに霊の漂ふ毛皮店

井口夏子

毛皮のコート製造には数多の動物の命が失われる。コートを着る人は現場を見ていないから実感はない。ニュース以外はフェイクでいいんじゃないの。

お雑煮の餅に入れ歯がついて来る

吉川正紀子

悲劇は第三者には喜劇となることも。しかし、作者はめげず、災難を滑稽なアクシデントとして見事に一句に仕上げた。立派な滑稽俳人である。

足踏みを加え春待つ万歩計

南とんぼ

万歩計のカウンターの数字は、時々、足踏みのズルをして稼ぐ。なあに、どこぞの役人のデータ改ざんに比べれば、これくらいの調整は許されるさ。


 今月の秀逸句  七七をつけてみました

 透明の水のさびしさ春に入る   稲沢進一
   ・・・石ひとつ投げ孤独を分割
 
 柚子湯して告知されたる腹なでる 飛田正勝
   ・・・切られることを知らぬぽんぽん
 
 逆風に強いが花粉に弱い春 月城花風子
   ・・・花粉症では決まらぬ啖呵
 
 私にも私の地獄寒紅差す 桑田愛子
   ・・・事情知らねどドラマがあるな
 
 予報士に逆らえず来る寒波かな 井野ひろみ
   ・・・予報士強気寒波弱気で
 
 初場所の力士めでたく重ね餅 池田亮二
   ・・・おそらく下は伸し餅だべえ 
 
 上品な口には余る恵方巻 横山洋子
   ・・・一口に食ひ縁談遠のく
 
 スカートをめくるセクハラ春一番 青木輝子
   ・・・風には風の楽しみがあり
 
 マラソンマン二月の風と話すため 百千草
   ・・・記録や入賞どこ吹く風よ
 
 春たけて齢もたけて竹の杖 泉 宗鶴
   ・・・思いのたけを藪から棒に
 
 世も末かヤバイとスマホ春愁 伊藤洋二
   ・・・ヤバイとスマホで会話完了
 
 ベビーカーの中はチワワや伊勢参り 西をさむ
   ・・・飼い主夫婦の痴話喧嘩聞く
 
 讃岐派も伊予派も居りて饂飩すき 鈴鹿洋子
   ・・・讃岐硬くて伊予のふにやふにや


第六回滑稽俳句協会報年間大賞決定!
 
東京都 八塚一靑
 

「真夜中の突貫工事霜柱」

愛媛県 堀川明子
 

「鼻の穴ばかり見せられ黄水仙」

長野県 横山喜三郎
 

「入試絵馬ぶつかり合うて春疾風」


  
 

ページの先頭へ