2016/9/9更新 | ご利用にあたって |
お問い合わせはこちら 会員専用ポスト


   




   
 

「滑稽俳句集」出版のお知らせ
滑稽俳句集

「俳壇」の滑稽句欄が一冊に! 
平成14年7月号から平成27年
3月号までの全3213句を収録。
初版 全308頁

定価3,000円(税・送料別)

*本の問合せ・注文先
えひめ工芸
〒791-2103 愛媛県伊予郡砥部町高尾田1173-4

電話090−8287−1390
FAX 089‐957‐1155

 「俳壇」で連載中の滑稽俳句欄、八木健選による「微苦笑俳壇」の13年間の全作品、3213句が一冊になりました。
「俳句」とは、「滑稽な句」を意味します。俳句の本質は滑稽です。
 明治34年に佐藤紅碌が編んだ滑稽俳句集以来、本格的な滑稽俳句集は、115年ぶりとなります。
  俳句に失われた滑稽を取り戻し、「平成の滑稽」として後世に引き継ぐ歴史的な句集です。

「八木健の川柳アート」第31回愛媛出版文化賞・奨励賞受賞
愛媛新聞の月刊誌「アクリート」で 
大人気の川柳欄の作品、約1000点が、
一冊の本になりました!

定価2500円(税・送料別)

*本の受注・発送
   090-5140-8826(滑稽俳句協会)
   090-8287-1390(えひめ工芸)
 愛媛新聞の月刊誌・「アクリート」で、2005年6月号から「川柳アート」の投稿欄
が始まりました。川柳に滑稽を取り戻すこと。アートをつけて分かりやすくすること。
時事川柳の普及を目指すこと。この三点を目論んでの連載でした。
 この度、第1回から第110回までの10年間に亘り連載された「八木健の川柳アー
ト」の作品およそ1000点をもとに、内容を加筆、追加して一冊の本をつくりました。
 建前に穴をあけて本音を引っ張り出すのが川柳。「穿ち」は川柳の命です。ところ
が、平成の現代、川柳には「穿ち」や質の高い「笑い」が少なくなっています。この
本に掲載されている、穿ちと笑いのある川柳アートとコメントをお楽しみください。

第九回 滑稽俳句大賞 募集要項 
◆応募方法/ 作品は、十句一組で審査します。何組でも応募可。
  メールか封書でご応募ください。
  作品十句、氏名(ふりがな)、〒、住所、電話番号、年齢を明記。
  封書の場合、A4サイズの紙を使用。横使い縦書き。
◆ 賞 / 大賞:一名、五万円。次点:二名、各一万円。
*未発表の作品に限ります。
◆募集期間 / 平成28年11月1日〜平成29年1月31日 消印有効
◆投句料/ 一組、二千円。 郵便振込 01600-3-130892 滑稽俳句協会
◆発  表 / 4月下旬、入賞者および会報、ホームページ
◆応募先 / 〒791-2103  愛媛県伊予郡砥部町高尾田1173-4   
  滑稽俳句協会 大賞募集係
  メールアドレス  kokkei@kokkeihaikukyoukai.net
  * 応募作品の著作権は主催者に帰属。
◆審査員/ 秋尾敏、池田澄子、上谷昌憲、河村正浩、
  蟇目良雨、冨士眞奈美、八木健




第四回滑稽俳句協会報年間大賞決定!
 
神奈川県 下嶋四万歩
 

「秋行くや七人の敵六に」

兵庫県 金澤 健
 

「卒業や恩に気付かぬ顔ならべ」

愛媛県 梅岡菊子
 

「切干と呼ぶ大根のなれのはて」


  
 

  

 今月の八木健選 特選句

浮いてこい何を恥づかしがつてるの
田村米生
 恥ずかしがっているから浮いて来ないのだという思い込みの可笑しさ。命令調の呼び掛けと、優しく尋ねる少女の会話調。アンバランスも可笑しい。
 
猛暑日や金魚の赤く茹で上がる
伊藤浩睦
 猛暑だから金魚鉢の金魚も、さぞ暑くてたまらんだろう。との作者の優しさが原点にある。金魚が茹で上がるという発想の根底には童心もある。
 
綺麗ねと言はれ琉金ひるがへる
山本 賜
 擬人化は「対象を人間扱い」するのではなく、「作者が対象になりきる」のがいい。妙齡の女性が衣裳を褒められたとき自慢げな所作をするのと同じ。
 
同じ血を分けたる仲の藪蚊打つ
柳 紅生
 我が血を吸った藪蚊は、いわば血を分けた兄弟。しかし、こやつと血縁関係になっても仕方ない。それに、これ以上の縁者も要らぬわい。
 
涼しさや人さまざまの不恰好 
梅岡菊子
 プラスイメージの季語と、「不格好」というマイナスを取り合わせて滑稽を創出。猛暑には恰好などかまっておられない。最終的には裸同然になるね。
 
親方の方がちんまり三尺寝
横山喜三郎
 三尺寝は職人が狭い場所で休憩することを言う。現代の若者は脚が長いから「三尺寝」は厳しい。早晩、死語になる。季語の寿命を延ばしたね。




 今月の秀逸句  七七をつけてみました

 白南風か御用聞きかと思つたら  稲葉純子
   ・・・梅雨明らしく音に乾きも
 
 夕日差す小指はいつも端居かな 金澤 健
   ・・・鼻糞を掘るときは主役さ
 
 生身魂老いて益々地獄耳 飯塚ひろし
   ・・・お達者倶楽部の情報交換
 
 冷房の弱き電車に腹が立ち 井野ひろみ
   ・・・忍耐力をつける通勤
 
 もぎたては棘で抵抗茄子胡瓜 秋月裕子
   ・・・イケ面シェフにや無抵抗だぜ
 
 地球儀とキャッチャーミット虫干に 赤瀬川至安
   ・・・どれもいずれは粗大ゴミなり
 
 扇風機わが意を汲みて首を振る 奥脇弘久
   ・・・即座に一句擬人化をして
 
 金の糸たぐり蛍引き寄せる 上山美穂
   ・・・蛍は旦那糸は金蔓
 
 醜男に女難の相や蟻地獄 燗c敏男
   ・・・少子化の世に見えた光明
 
 心太つうるり昭和蘇る 田中早苗
   ・・・セピア色なり三杯酢また
 
 蟻の列なにか小言をいひ合つて 久我正明
   ・・・一言居士の列滞る
 
 梅雨明は予報士よりも肌で知る 佐野萬里子
   ・・・予報士もまた肌が決め手と
 
 セイフティネットならざる蜘蛛の網 工藤泰子
   ・・・人を捕えて蜘蛛の投げ首

ページの先頭へ