2017/7/22更新 | ご利用にあたって |
お問い合わせはこちら 会員専用ポスト


   




   
 

「滑稽俳句集」出版のお知らせ
滑稽俳句集

「俳壇」の滑稽句欄が一冊に! 
平成14年7月号から平成27年
3月号までの全3213句を収録。
初版 全308頁

定価3,000円(税・送料別)

*本の問合せ・注文先
えひめ工芸
〒791-2103 愛媛県伊予郡砥部町高尾田1173-4

電話090-8287-1390
FAX 089‐957‐1155

 「俳壇」で連載中の滑稽俳句欄、八木健選による「微苦笑俳壇」の13年間の全作品、3213句が一冊になりました。
「俳句」とは、「滑稽な句」を意味します。俳句の本質は滑稽です。
 明治34年に佐藤紅碌が編んだ滑稽俳句集以来、本格的な滑稽俳句集は、115年ぶりとなります。
  俳句に失われた滑稽を取り戻し、「平成の滑稽」として後世に引き継ぐ歴史的な句集です。

「八木健の川柳アート」第31回愛媛出版文化賞・奨励賞受賞
愛媛新聞の月刊誌「アクリート」で 
大人気の川柳欄の作品、約1000点が、
一冊の本になりました!

定価2500円(税・送料別)

*本の受注・発送
   090-5140-8826(滑稽俳句協会)
   090-8287-1390(えひめ工芸)
 愛媛新聞の月刊誌・「アクリート」で、2005年6月号から「川柳アート」の投稿欄
が始まりました。川柳に滑稽を取り戻すこと。アートをつけて分かりやすくすること。
時事川柳の普及を目指すこと。この三点を目論んでの連載でした。
 この度、第1回から第110回までの10年間に亘り連載された「八木健の川柳アー
ト」の作品およそ1000点をもとに、内容を加筆、追加して一冊の本をつくりました。
 建前に穴をあけて本音を引っ張り出すのが川柳。「穿ち」は川柳の命です。ところ
が、平成の現代、川柳には「穿ち」や質の高い「笑い」が少なくなっています。この
本に掲載されている、穿ちと笑いのある川柳アートとコメントをお楽しみください。

第九回 滑稽俳句大賞 審査結果発表 
  
第九回滑稽俳句大賞の大賞は、小林英昭氏の作品に決定致しました!
◆ 大賞 小林英昭
生ハムの色して春がやつてくる
さへづりや嗚呼モンスターペアレンツ
ワシコフはカラシニコフで柘榴撃つ
まだできぬお玉杓子のじやんけんぽん
春の猫すこし小ずるいのがカポネ
ポケットに陽炎入れてくる少年
大空はやはりいいぞといかのぼり
窓際に買ひ与へたるシクラメン
帰る子にいやいやをする鞦韆
鳥雲にやめる気のないホームレス




第四回滑稽俳句協会報年間大賞決定!
 
神奈川県 下嶋四万歩
 

「秋行くや七人の敵六人に」

兵庫県 金澤 健
 

「卒業や恩に気付かぬ顔ならべ」

愛媛県 梅岡菊子
 

「切干と呼ぶ大根のなれのはて」


  
 

  

 今月の八木健選 特選句

備とて水鉄砲と輪護謨(わごむ)銃
原田 曄
国民に向けて安倍総理が十分な備えをと談話を発表している。日本は核の傘の中にいてアメリカの子分。そこでこの提案となった。
 
蕎麦なれば加計森もよし梅雨に入る
高橋きのこ
言葉遊びですな。「よし」を、逆に「敬遠」にして「蕎麦だとて加計森敬遠梅雨深し」とか、「長梅雨や加計森依然ごたごたし」なんていかが。
 
一張羅から一張羅更衣
小川飩太
「更衣所要時間の新記録」という奴ですね。「裏返すだけで完成更衣」。これは横着版。究極のシンプルライフは、「更衣一切不要ヌーディスト」。
 
打たれまい蝿の止まりし蝿叩き
氏家頼一
この句は、「蠅叩き」を蠅の立場で揶揄したもので、身辺に上手く題材を得たね。ボクシングには、「クリンチ」という相手に抱き着く戦法がある。
 
寄せ植えに揺れる役目の小判草
山本 賜
それぞれに役どころを得てこそ、安定の世となる。狗尾草は猫のお相手。青ススキは誰彼問わず斬りまくる。蔦は絡みつくのがお仕事。
 
手を洗ふしぐさや蝿のきれい好き
日根野聖子
一茶の句に「やれ打つな蠅が手をする足をする」がある。この句には、「蠅は汚いもの」という観念を覆した発想の自由がある。これぞ滑稽俳句のコツ。




 今月の秀逸句  七七をつけてみました

 大阪のおかんは時に青蜥蜴  下嶋四万歩
   ・・・ときどき覗きすぐ居なくなる
 
 何を談合真夜中の熱帯魚 稲葉純子
   ・・・この水槽を拭け出せまいか
 
 徘徊の軌跡光らせなめくぢり 本門明男
   ・・・全身使い自分史書くか
 
 竹皮を脱ぐそこまでよそこまでよ 加川すすむ
   ・・・作者は「脱ぐ」に反応しすぎ
 
 アイス棒卒塔婆(そとうば)にして蟻葬る 桑田愛子
   ・・・小さな墓に優しさ溢れ
 
  ペディキュアの素足なにかを知ってゐる 小林英昭
   ・・・そんな語りで始まるドラマ
 
 棕櫚の花食べられさうな色をして 佐野萬里子
   ・・・食えたものではないと思うが
 
 春泥に噛みつかれをり新車の輪 田中早苗
   ・・・車庫に戻れば洗う楽しみ
 
 「プシュン」梅雨時のビールです 鈴木和枝
   ・・・年がら年中プシュンと言うも
 
 デパ地下の試食の締めに新茶かな 壽命秀次
   ・・・夏は冷房効いてて優雅
 
 夏布団いつの間にやら蟹挟み 都吐夢
   ・・・蹴られた挙句身動きできず
 
 受持ちはベースと決めて牛蛙 西をさむ
   ・・・ほかのパートは似合わぬからに
 
 群れの中右総代はどの目高 花岡直樹
   ・・・みな胸を張りアピールするも

ページの先頭へ