2016/5/23更新 | ご利用にあたって |
お問い合わせはこちら 会員専用ポスト


   




   
 

「滑稽俳句集」出版のお知らせ
滑稽俳句集

「俳壇」の滑稽句欄が一冊に! 
平成14年7月号から平成27年
3月号までの全3213句を収録。
初版 全308頁

定価3,000円(税・送料別)

*本の問合せ・注文先
えひめ工芸
〒791-2103 愛媛県伊予郡砥部町高尾田1173-4

電話090−8287−1390
FAX 089‐957‐1155

 「俳壇」で連載中の滑稽俳句欄、八木健選による「微苦笑俳壇」の13年間の全作品、3213句が一冊になりました。
「俳句」とは、「滑稽な句」を意味します。俳句の本質は滑稽です。
 明治34年に佐藤紅碌が編んだ滑稽俳句集以来、本格的な滑稽俳句集は、115年ぶりとなります。
  俳句に失われた滑稽を取り戻し、「平成の滑稽」として後世に引き継ぐ歴史的な句集です。

「八木健の川柳アート」第31回愛媛出版文化賞・奨励賞受賞
愛媛新聞の月刊誌「アクリート」で 
大人気の川柳欄の作品、約1000点が、
一冊の本になりました!

定価2500円(税・送料別)

*本の受注・発送
   090-5140-8826(滑稽俳句協会)
   090-8287-1390(えひめ工芸)
 愛媛新聞の月刊誌・「アクリート」で、2005年6月号から「川柳アート」の投稿欄
が始まりました。川柳に滑稽を取り戻すこと。アートをつけて分かりやすくすること。
時事川柳の普及を目指すこと。この三点を目論んでの連載でした。
 この度、第1回から第110回までの10年間に亘り連載された「八木健の川柳アー
ト」の作品およそ1000点をもとに、内容を加筆、追加して一冊の本をつくりました。
 建前に穴をあけて本音を引っ張り出すのが川柳。「穿ち」は川柳の命です。ところ
が、平成の現代、川柳には「穿ち」や質の高い「笑い」が少なくなっています。この
本に掲載されている、穿ちと笑いのある川柳アートとコメントをお楽しみください。

第八回 滑稽俳句大賞 審査結果発表 
  
第八回滑稽俳句大賞の大賞は、久我正明氏に決定致しました。
◆ 大賞 久我正明
デコポンに勝ったと思ふ柚子の顔
ペンギンは「ふ」の字のかたち日脚伸ぶ
お疲れのご様子ですね枝垂桜
紙風船さてはギョーザを食べただろ
よたよたと腰痛の蟻パン運ぶ
赤富士の大崩落やかき氷
空蝉や縄文顔をしてをりぬ
キク科なる雑草繁る文化の日
着膨れてペンギンとなる修道女
太古より海鼠は海のなまけもの




第三回滑稽俳句協会報年間大賞決定!
 
千葉県 菅野あたる
 

「霜柱地価十億を持ち上げる」

兵庫県 金澤 健
 

「ふぐ料理毒よりこはき時価の文字」

愛媛県 伊藤洋二
 

「初メロンかも知れぬこの不在票」


  
 

  

 今月の八木健選 特選句

勇み立つ春埃ほどバス行かず
金澤 健
 国道もかつてホコリ高き酷道でしたね。今はそれも懐かしき風景。
「春塵に隠され行き先表示板」「乗ってから行き先尋ね田舎バス」。
 
週刊誌拡げただけの花筵
飯塚ひろし
 読み終えし週刊雑誌の使い道。各自持参で幹事さんも楽勝。しかしながら、この場合お相撲さんなどお尻の大きな御仁には無理か。
 
覗き穴塞がれており春障子
燗c敏男
 「塞がれて別穴開ける春障子」「根気よく春の障子の穴塞ぐまたも穴開け根気比べに」「開けて貼る根気と技はここに育つや日本万歳」。
 
枝ぶりにいぢめを競ふ盆梅展
小林英昭
 いぢめられこの百年を生きてきた盆梅にある運命は、なんかとつてもお気の毒。枝ぶりの「ぶり」は、結局いぢめられぶり。
 
土筆摘むネイルアートを真っ黒に
久我正明
 山菜を摘んで汚した爪五本。両手合わせて十本をゴシゴシ洗ってはみたが、遂にあきらめてその黒をネイルアートと見立てたんだね。
 
あどけない小鳥も母に抱卵期
八塚一ヨ
 さくら貝や天使魚、クリオネらも、みんな清純なんだけどしっかり子孫をつくっている。あのあどけない小鳥もまた母になるとて不思議にあらず。




 今月の秀逸句  七七をつけてみました

 練馬には植田の無くて大根畑  氏家頼一
   ・・・大根畑も減ったらしいよ
 
 廻るだけまわれば止まる風車 稲沢進一
   ・・・風ぐるまにも意志のあるかに?
 
 山笑ふ耳の辺に振る貯金箱 越前春生
   ・・・今じゃマイナス金利の音よ
 
 馬鹿されたことも気付かぬ万愚節 高橋きのこ
   ・・・せちがらい世にのほほんとして
 
 取り外し可となる齢義歯の春 飛田正勝
   ・・・義歯を磨いて仲良い夫婦?
 
 春一番シャッタ通り歯ぎしりす 笠 政人
   ・・・閉店続き悔しいらしい
 
 べたべたと春の情報広報板 山本 賜
   ・・・全部読んだら眼精疲労?
 
 しがらみをひきずつてゐる零余子蔓 梅岡菊子
   ・・・零余子ぼろぼろ独立志向
 
 四月馬鹿毎日出るのが金とごみ 青木輝子
   ・・・極貧なればゴミすら出さん
 
 桜餅葉は胃の中かごみ箱か 井野ひろみ
   ・・・食べかけ捨てる桜餅の葉
 
 包囲網天網恢恢鳥曇 工藤泰子
   ・・・そこをなんとか抜ける悪者
 
 酒たばこ学校生活卒業す 小泉花子
   ・・・これを機会にやめたらどうか
 
 夜桜や電気明りの外にこそ 青山桂一
   ・・・ホントのワタシねえ見て見てと

ページの先頭へ