馬鹿は死ななきゃ治らない  
   

 

延福寺御開帳記念行事 
〜伝説の浪曲・虎造節がやってくる〜

 



 
 
左から:八木健、広沢虎仁、伊丹明、末光三郎、檀家総代・吉田義則
日根野聖子、木淑江、木重一
 
 
 
 平成27年5月4日(月)、愛媛県松山市中島町怒和島で、延福寺御開帳記念行事として、虎造節の口演をさせていただきました。 第一部は、九十年前に製造された蓄音機でSPレコードをかけながら、八木健創立名誉会長が浪曲の講話をしました。また、会長指導のもと、観覧の皆様にも浪曲を唸っていただきました。 八木会長の「石松三十石船道中」で、どっと笑っていただいた後、第二部は、実行委員長の木重一氏のリクエストによる、カラオケの披露。 事務局・日根野の「東京キッド」の後、末光三郎の「無法松の一生」、広沢虎仁の「知床旅情」。会場からアンコールの声がかかる好演となりました。 最後は、末光三郎の「石松の最期」、広沢虎仁の「勝五郎の義心」を、伊丹明先生の演奏で口演。「面白かった」「久しぶりの浪曲に感動しました」と喜んでいただきました。 怒和島の皆様には、あたたかい拍手、手拍子、浪曲の内容にぴったりと合った反応をいただき、「客席と演者が一体となった公演」というものを体感させていただきました。 今回の催しを企画、ご準備くださいました、檀家総代の吉田義則様、木重一様、お世話になりまして、大変ありがとうございました。
2015.5.4

 

>>トップページへ

 

 

スポンサーサイト 
貞本病院
ハッピー薬局
ホルモン料理 焼肉 立花
不二印刷株式会社
スマイル宅建
末光祐一司法書士事務所
国際ホテル松山
リスクマネジメント愛媛
萬翠荘

梅岡文化倶楽部
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。