馬鹿は死ななきゃ治らない  
   

 

虎造節 愛媛公演 
いよてつ島屋・スカイドーム 満員御礼

〜日本初! 浪曲リレー口演〜

 



 
 
左から:末光三郎、貞本和彦、石丸武三、高岡良平、藤井滋、
井門照雄、池田慈、中岡重雄、鈴木茂
 
 
加戸守行
 
 
広沢虎仁
 
平成27年4月5日(日)、いよてつ島屋のスカイドームで、愛媛公演を開催しました。
第一部は、八木健創立名誉会長の指導のもと、虎造節公開練習を行いました。 その後、日本初の試み!「三十石船道中」を九つに分け、九人がリレーする形式で口演しました。 声の音域も、浪曲の経歴も全く異なる九人が、一本の作品をうまく演じきれるのか気がかりでしたが、本番は見事な出来栄えとなりました。 つなぎもスムーズで違和感もなく、リレーならではの面白さが発揮されました。 リレー口演の後は、末光三郎による「石松の最期」。全国大会の二度の準優勝を獲得した貫録をみせます。
第二部は、加戸守行前愛媛県知事による「俵星玄蕃」。会場から声が掛かるなど、観客を大いに湧かせました。 そして、大トリは、広沢虎仁による「勝五郎の義心」です。口演の後、「久しぶりにいいものを聞かせてもらった。 良かったよ」と、涙ぐみながら声をかけてくださる方もいました。「手を握って喜んでくださった方もいて、嬉しかったです」と虎仁さん。 曲師は、東京から伊丹明先生が駈け付けてくださいました。今や伊丹先生は虎造節保存会の催しには、なくてはならない存在です。 最後になりましたが、いよてつ島屋様には、素晴しい会場をご提供いただきまして、大変ありがとうございました。
2015.4.13

 

>>トップページへ

 

 

スポンサーサイト 
貞本病院
ハッピー薬局
ホルモン料理 焼肉 立花
不二印刷株式会社
スマイル宅建
末光祐一司法書士事務所
国際ホテル松山
リスクマネジメント愛媛
萬翠荘

梅岡文化倶楽部
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。