馬鹿は死ななきゃ治らない  
   

 

 杉 弘光が語る 祖父広沢虎造の芸と生涯

 


第一章 誕生から都落ちまで

今日では浪曲をご存じの方々も少なくなりましたが、浪曲そのものを知らなくとも清水の次郎長と広沢虎造はご存知の方は多いと思います。

「旅行けば 駿河の道に茶の香り流れも清き大田川 若鮎おどる頃となる松の緑の色も冴え 遠州森町よい茶の出どこ娘やりたやお茶摘みにここは名代の火伏の神秋葉神社の参道に産声上げし快男児昭和の御代まで名を残す遠州森の石松を不弁ながらも務めます。」



虎造虎造といえば清水次郎長伝といわれるほど凄い人気を博しました。その人気絶頂の頃には虎造がラジオに出ると、風呂屋が空っぽになり、子供たちもが「馬鹿は死ななきゃ治らない」と歌っていたほど流行していたそうです。その人気は浪曲だけでなく片岡千恵蔵や高田浩吉などのスターと共演した映画もヒットしました。






虎造は、明治32年5月18日。東京の白金三光町(今の港区麻布天現寺)に警察官をしておりました家に生まれました。本名金田信一。12人兄弟の4男で男の中では末っ子。この頃はどこの家でも兄弟が多かったそうですが、とりわけ12人もいるわけですから、年中家の中は戦争のようなありさまで。当然、家の中には居場所がありません。小学5年生になった信一少年は毎日学校以外は外に遊びに出ております。


今日も友達の家に上がり込み遊んでおりました。「ねえ、信ちゃん」「なんだよ良坊」「家に蓄音機があるんだけど一緒に聴くかい?」「へーおまえんち金持ちなんだなおもしろそうだ一緒に聞こう」と、この時聴いたのが当時人気全盛だった初代木村重松の「慶安太平記善逹道中附」という浪花節で、高輪の増上寺から京都の本山へ300両という莫大な金をもって善逹という巨漢、強靭な坊主が旅をするお話です。


現在残る明治40年代の音源で非常に古いものですが、今で申しますLAPミュージックのような楽しく、リズミカルな浪曲でありました。これに信一少年は魅せられまして、その日以来、来る日も、来る日も重松の浪花節が聴きたくて仕方がなくなってしまいました。とは言え、家は貧乏で蓄音機なんぞない、仕方がなく長男に頼みこみ寄席へ連れていってもらう事になりました。そのうち信一は自分でも浪花節をモノマネするようになりました。やがて中学を出た信一は兄が勤めていた麻布の安立電気電線(現アンリツ電気)に工員として働いておりました。
東京駅丸の内の大時計の設置工事をしたりしたそうで、工員としての腕はさっぱりでしたが、浪花節は玄人はだし。この頃には東川春燕(東家小楽燕を模した芸名)というデタラメな芸名をつけ天狗連という素人集団にまじって休日の風呂屋、はたまた会社の慰安会などで稼ぐようになっていました。ネタも当時近所に住んでいた旭堂麟生という講釈師のところに通い、稽古をつけてもらうようになりました。


昼は昼で「新橋」というこれまたデタラメなシコ名をつけアマチュア相撲に夢中になります。やがて仕事に身が入らなくなり、上司からドヤされてばかり。すっかり落ち込んでいた信一に「そんなに好きならプロになればいい。私は信ちゃんの浪花節はいいと思うよ」と、声を掛けてくれたのが、同僚で信一より10歳も年上の白石善助でした。この白石の善さんは、信一より浪花節が詳しかったのです。プロになるには師匠が必要。よければ私が付き添って身元保証人になってあげよう。という事になり、大好きだった初代木村重松に入門を志願することになりました。


この木村重松師匠は浅草阿部川町(現在の田原町)に住み安倍川の師匠と呼ばれておりました。余談ですが、この家の2軒先がお寺で、あの永六輔さんのご実家だそうです。
善さんに連れられてやって来た信一少年。あいにく師匠は留守でした。「今、家は156人の弟子がおり、師匠から弟子はお断りしてくれと言われております」と声調べもしないうちに断られてしまいました。
声調べとは「何が何して何とやら物からものまで物とやら」と意味不明な言葉に自分の節をのせて発声をします。浪曲は感情を表に出して熱演しますが感情を入れずに音(音楽)として発声練習をするために生まれた言葉だという説があります。


虎造
声調べどころか本人にすら会えず、断られた信一はがっかりてしまいました。後日談ですが、後年、次郎長伝で虎造が売れた時に応対に出た弟子がその時の事を覚えていて、師匠に虎造の入門志願を断った話をしたところ相当に悔しがって弟子に小言をいったそうです。


「重松だけが浪花節ではない」と慰めにもならない善さんの言葉と重い足取りで。「次は同じ木村派で重松の弟弟子初代木村重友にお願いしよう」と、こんどは神谷町の重友師匠の家に行きましたが、ここでもすげなく断られます。最後に東家小楽燕にも断られたとき「あ?俺にはなんて運がねぇんだ」とがっかりして家路につきました。


家に戻ると、父親はすでに他界し、家を継いでいた兄吉政は、近頃、信一が浪花節にうつつをぬかし、仕事に身が入らない事に小言を並べました。これ以上言う事を聴かないのなら大阪の弟の会社に面倒みてもらうから出て行けと言われたのです。いつもなら父親代わりの兄貴の小言を黙って聞いている信一でしたが、大好きな浪花節の師匠連中にことごとく弟子入りを断られて、もうヤケになっておりました。かくして江戸っ子のいさぎよさか、粘りのなさか、あっさり浪花節をあきらめ大阪へと旅立ってしまいました。




写真資料:1)虎造のアーティスト写真   2)大正8年(1920年)虎造20歳の頃


>>トップページへ
スポンサーサイト 
貞本病院
ハッピー薬局
ホルモン料理 焼肉 立花
不二印刷株式会社
スマイル宅建
末光祐一司法書士事務所
国際ホテル松山
リスクマネジメント愛媛
萬翠荘

梅岡文化倶楽部
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。